壁があったらすぐ出来る垂直のお庭にはメリットもいっぱい


お庭なんてないという方にも簡単に出来る緑の絨毯

湖畔に佇む小さな家、その壁には一面を緑のツタが覆っている、こういった風景をテレビや映画などのワンシーンで見た事はありませんか。どこか神秘的で歴史を感じさせる風景に心癒されて、憧れる人も多いのではないでしょうか。壁面緑化は今までのイメージですと、時間をかけて壁にツル性の植物を伸ばして行くというのが普通でした。見た目を美しくするのには手間もかかりますし、ある程度お金に余裕がないと取り組めないものでした。しかし現在では、専用のポットやタイルなどを駆使する事で、どんな壁面でも簡単に様々なタイプの植物を植える事が可能になっています。壁面緑化に憧れる方だけでなく、お庭が家にない方でも選び方次第で普通の花々を植えて垂直のお庭を作る事ができるのです。

見た目だけじゃない大きなメリット

壁面緑化をしたいという方は、主に見た目の美しさに惹かれる場合が多いのですが、壁面緑化にはそれ以上に優れたメリットがあります。その代表的な例が、太陽光線が外壁に直接当たるのを防いでくれる点です。あまり普段は意識していないかもしれませんが、太陽光線は家にもダメージを与えています。それが紫外線で、外壁の劣化を促進していますので、壁面緑化によって紫外線を遮断出来ればそれだけ外壁の寿命も伸ばせるのです。もうひとつの問題が夏の温度上昇です。壁面緑化を行うと何もしない壁よりも2度以上温度が低下するというデータもあります。夏場の2度は住むには大きな差ですし、エアコン利用など電気代の削減にも効果が期待出来ます。

主に建物の壁を植物で覆う事などが壁面緑化です。世界的な関心事項の地球温暖化の関係もあり壁面や屋上の緑化は注目を集めています。