どんな種類があるの?電子タバコの選び方!


電子タバコは香りを選べる!

従来の紙巻きタバコとは異なる香りや味を楽しめる電子タバコ。従来のタバコとの一番大きな違いは、「タバコの葉を使わない」ことです。電子タバコでは、リキッドと呼ばれる液体物質を電力で加熱して蒸発させ、その水蒸気を吸います。リキッドの種類は多く、フルーティーな風味やメンソールのフレーバーなどさまざまなお好みの味を選ぶことができます。

電子タバコの形態は2種類!

電子タバコには、大きく分けてペン型とボックス型があります。ペン型は、コンパクトで持ち運びやすいという利点があります。一方、ボックス型は、やや重量感がありますが、そのぶん安定しており、また電力の強さを調整して、発生する水蒸気の量を増減させることができます。

加熱式タバコとの違い

ここで間違えやすいのが、電子タバコと加熱式タバコの違いです。加熱式タバコは、加熱して水蒸気を吸う点は電子タバコと同じですが、タバコの葉を使用します。タバコの葉の煙を直接吸うわけではなく、水蒸気にして間接的に吸うのですが、タバコの葉に含まれるニコチンが含まれているという意味では、従来のタバコと同様に人体に有害と言えます。

新時代のタバコ!電子タバコ

電子タバコのリキッドは、ニコチンのような強い有害性はないとされており、紙巻きタバコや加熱式タバコよりも健康面で優れています。ニコチン依存症を防ぐことができますね。また、周りにいる人にも害を与えてしまう受動喫煙が問題となっている近年、電子タバコに乗り換える喫煙者も増えてきています。火を使わずに多様なフレーバーを楽しめる電子タバコ。ぜひいちど試してみてはいかがでしょうか?

vapeにはフルーツ系やハーブ系などの様々なリキッドがあります。リキッド選びに迷った際には、販売店舗での試し吸いをして参考にするのも良いでしょう。