ペットとのキスは危険?ペットを飼う上で必ず知っておきたい衛生上の知識


ペットの唾液からの感染について

犬や猫といったペットが、愛情表現として飼い主の手や顔を舐めることは珍しくありません。ペットとの交流の中で、ある程度の接触は避けられないでしょう。中にはペットとキスする飼い主もいますが、実はこうした行為は深刻な事態に至る可能性があります。犬や猫の唾液に含まれる細菌は、敗血症や臓器不全など重篤な状態を引き起こすこともあります。健康なペットであっても、25パーセントの犬や猫がこうした恐ろしい細菌を保有していると言われています。ペットと直接キスをしなくても、飼い主の傷口をペットが舐めただけで細菌が感染したという事例も報告されています。犬や猫の口内には人間の体内には存在しない細菌がたくさん住んでいることを知っておかなければなりません。ペットが一回舐めただけで、人間の体内には存在しない何百万もの細菌が手や顔に付着すると考えて良いでしょう。だからといって、必要以上にペットとの接触を恐れることはありません。舐めた皮膚を水に濡らした布で拭えば、ほとんどの細菌を拭い取ることが可能です。傷口を舐められたら、直ちに消毒すれば問題ありません。

ペットを飼う部屋の管理について注意すること

犬や猫を室内で飼うとペットの抜け毛が床上に溜まるので、頻繁に掃除機でクリーニングすることが欠かせません。抜け毛だけでなく、犬や猫の唾液が空気中に飛散するため、ペットの居る部屋で呼吸するだけでも細菌を吸い込むことがあります。したがって、風通しを良くして空気の入れ替えを心がけたり、空気清浄機を設置したりして細菌の除去を怠らないようにしましょう。

子犬販売なら神奈川県にあるお店が良いです。ペットショップはもちろん直販しているブリーダーもあるので、あなただけのお気に入りの子犬が見つかります。