知っておきたい!犬を購入する方法とかかる費用


犬を飼う前にかかる費用を想定しておく

ペットとして人気が高いのは、やはり犬です。飼い主によく懐き、忠誠心が強いことからきちんとしつけをすれば飼いやすいということもあって、依然として人気が高いです。ただ、犬を飼うに際しては初期費用が色々とかかってきます。なんとなく犬を飼ってみたらお金がかかってしまい、こんなはずではなかった、とならないよう予めどれくらいの初期費用がかかるかを想定しておくことが大切です。まず、犬を飼ったら登録をする必要があり、その登録料が3000円かかります。次に、狂犬病予防注射に3500円、それにワクチン接種や健康診断に諸々込みで3万円程かかります。さらに、消耗品や生活用具などを買い揃えるとなると5万円は見ておきたいです。以上を合計すると、大体初期費用に10万円近くかかると想定しておくと良いでしょう。

犬をペットショップまたはブリーダーから購入する方法

犬を購入する方法は色々ありますが、一般的にはペットショップで購入するか、または専門のブリーダーから購入する方法があります。ペットショップやブリーダーから購入するメリットは、きちんと血統書が付いた純血種を購入することができることです。特に、人気の高い柴犬やチワワと言った犬種は、しっかりとした管理下のもとに交配が行われている品種なので、間違いがないと言えるでしょう。犬の種類によって費用が異なりますが、やはり生後数ヶ月の犬や人気の高い犬種は高値で取引がなされています。犬を購入する際に気をつけたいのが、健康状態です。特に、ペットショップで犬を買う場合にはよく見ておきたい点です。

子犬販売なら東京であると犬好きの評判が高いです。トリマーがしっかりされ商品としての見栄えと品種がいいからです。