歴史とともに変わる日本のペットショップ事情!


ペットショップの始まりは江戸時代?!

そもそも日本最古のペットショップは、江戸時代の「鳥獣店」でした。大名や庶民の間で、ウグイスやメジロなどの和鳥を飼育することが流行っていました。もちろん今の日本のように店舗で販売もされましたが、行商も主流でした。たくさんの鳥籠を背負って歩き回る姿が当たり前でした。現代の日本でペットを行商している人は少ないですよね。

大型ペットショップの拡大!

最近よく見かけるのが大型ホームセンターや大型ショッピングモールにもペットショップが設けられています。また海外からの輸入の幅が広がったため、多くの種類のペットが置かれるようになりました。しかしながら、同時に売れ残りが増えているのも事実です。売れ残ったペットは値下げをされ、それでも売れ残ったペットは、繁殖用や動物実験に使われます。また、殺処分されてしまうペットも増えてきています。だったらペットショップを減らせばいいのにという意見もありそうですが、そういうわけにはいかないのです。なぜなら、ペットの飼育の需要が年々増加しています。そのため、珍しい種類を作り上げることにより、需要がさらに増えるわけです。こういった殺処分等の問題は日本だけではありません。アジア全体に広がっています。

先進国の日本から。新しい飼わないペットスタイル?!

最近よく見かけるのがカワウソカフェ、豆柴カフェなどの動物と触れ合うことを目的としたカフェです。ペットを飼わなくても動物に癒してもらえる環境があります。こういったカフェに行くことによりペットを飼う責任感や生活のイメージができやすいと思います。こういったカフェが増えることにより、日本のペットについての問題点が徐々に変わってくるのではないかと期待しています。

ペットショップなら神奈川県で探すことです。ペットは生後8週齢頃社会化期という感受性豊かな時期に入ります。神奈川県のペットショップでは、その生後8週齢以降に買い求めることを推奨しています。